Rie’s diary

おいしいものと旅行が大好きです。

宿泊場所

安比八幡平の食の宿 四季館彩冬 (岩手・八幡平)

杣温泉からの帰り道。花輪線で秋田から岩手への山越え。大館から盛岡まで3時間超えの路線。しかし、花輪線というのも、それっぽい人が多い路線(笑)。 赤坂田の駅で途中下車して、1月に訪問した彩冬さんへ。あの朝ごはんをもう一度食べたくて。そして、こ…

杣温泉(そまおんせん) (秋田・北秋田)

今、私が最も気に入っている温泉。私にとってのナンバーワン温泉、杣温泉(そまおんせん)。 岩手県は「日本のチベット」と言われておりますが、この岩手県と秋田県の間はまさに「日本の秘境」。この秘境に秋田県側からアクセスするのに便利なのが、「秋田内…

四季館 彩冬 (岩手・八幡平)

17年飼っていたわんこのごまちゃんが天国に旅立ち、すっかり気が抜けてしまった母が、大人の休日倶楽部の東日本乗り放題を使って温泉に行きたい、と。これは仕方ない、と探して見つけたのがここ。四季館。 私は車を運転しないので(免許も持っていない)、…

知恩院 晨朝法要&写経 (京都)

知恩院の宿坊、和順会館にお泊まりすると、晨朝法要(じんぢょうほうよう)に参加することができます。つまり「朝のお勤め」ですね。せっかく和順会館に泊まったので、参加してみることにしました。和順会館の宿泊者は自由に参加することができます。 冬期な…

知恩院 和順会館 (京都)

京都の会議に出席するために、1泊する必要がでてきました。会議出席者はその日に帰ってしまうだろうし、センター試験前日に「ごはん食べよー」と声をかけるのも気が引ける。 と思って、ちろちろと宿泊先を探していたら。「知恩院和順会館」を発見。JALダイ…

仙養館 (岩手・金田一温泉)

老後の準備を兼ねて、お正月は温泉旅館へ。リタイア後は、「なじみの旅館でお正月を迎える」ことをしたいなぁ、と思っています。という今もほぼ老後みたいなもんなんだけど(笑)。 せっかく縁があって岩手に住んでいるのだから、北東北の温泉地をもっと知り…

ユウベルホテル松政 (山口・湯田温泉)

旧南部藩で暮らすようになって早14年。「先の戦争といえば戊辰戦争」の土地柄で、すっかり南部藩の一員として生活をしておりますが。 なんと。このたび、とうとう長州にでかけることになったのです。をを、どうしよう、討たれてしまうかも(嘘)。 お話を…

ノーボーダーズ ホステル (東京・戸越銀座)

週末、金曜日は自由が丘と大岡山に、土曜日は大崎広小路(大崎・五反田)に用事があり、東京へ。さて、どこに泊まろうかと探していたところ。 こんなところにゲストハウスが。 戸越銀座と武蔵小山に挟まれた場所にゲストハウス発見。私の好み条件に外れると…

おおみや旅館(蔵王温泉)

久々の山形出張。いつも通り駅前にでも泊まろうかと思っていたのですが、ちょっと思いついて、蔵王温泉まで足を伸ばしてみました。 アラフィフ世代=蔵王といえばスキーの世代。夜行バスで行くところだったので、実際、山形のどのあたりなのか、よくわってい…

サッポロッジ SappoLodge (札幌のゲストハウス)

先日の札幌での宿泊先の1つ。SappoLodgeさん。 千歳空港からバスで「南3条すすきの」で降りて、歩いて5分ぐらいかな。地下鉄の豊水すすきの駅が最寄り。フラットな道なので、キャリーをひいても大丈夫。すすきのからすぐ近くなのに、ちょっと1本道路を挟…

平成30年北海道胆振東部地震 (ホテルポットマム・札幌)

9月6日未明。旅先の札幌で「平成30年北海道胆振東部地震」を体験しました。その記録を残しておこうと思います。なお、私は7日に飛行機で帰宅しています。 9月3日から6日まで、学会+αで札幌にきておりました。途中、ちょっとだけ札幌を離れていて、…

UNPLAN Kagurazaka (東京・神楽坂)

今年の夏休みは、プチ・バカンスを日本のパリと言われている東京は神楽坂ですごしました。神楽坂は、私が大学生時代を過ごした場所なのですが、ここを選んだのは単に宿泊場所を見つけたから、です。でも、結果として、なかなか素敵なプチ・バカンスとなりま…

湯本温泉 かたくりの宿 一休館 (西和賀)

なんて魅力的なところなんだろう。岩手県の南の方、秋田県との境にある「西和賀」という土地。豪雪で知られていて、駅も「ほっとゆだ」という名前にして、駅舎に温泉も運営しちゃうような柔軟な町。 今回は、湯本温泉のお宿に泊まりました。かたくりの宿一休…

ココルーム ゲストハウスとカフェと庭(大阪)

ちょうど関西地方での宿を探していたときに、友達がFBに紹介記事を掲載していたので、ポチッと予約。一応、このゲストハウスがある「場所」についての知識は多少はあったので、事前に色々調べて、日程にも余裕をもたせて行くことにしました。 さて。 場所は…

ニューヨーク 宿泊事情(2018)

とにかくホテル代の高いニューヨーク。高いのはホテル代に限らないのですが、やっぱりもう少しなんとかならないかと思ってしまいます。ということで、今回は仕事ではないので、いくつか試しごとをしてみました。とはいえ、結論としては、やっぱりミッドタウ…

Book and Bed Tokyo

今夜は池袋。どこに泊まろうか探していたら、「泊まれる本屋」Book and Bed TOKYOのサイトを見つけ、ぽち。よく見たらホステルタイプ、つまり、ゲストハウスというか日本でいうとカプセルホテルなんですが、ま、寝るだけだしいいか。 部屋タイプは4タイプほ…