Rie’s diary

おいしいものと旅行が大好きです。

温泉

安比八幡平の食の宿 四季館彩冬 (岩手・八幡平)

彩冬さんから「だんぶり茶屋」への招待状をいただきました。私は、北東北の温泉は、冬が最高!だと思っているのですが、せっかくのご招待、夏にお伺いしてみました。今年3回目。常連一歩手前ですね。 前回、前々回も冬だったので、「だんぶり茶屋」は閉鎖中…

安比八幡平の食の宿 四季館彩冬 (岩手・八幡平)

杣温泉からの帰り道。花輪線で秋田から岩手への山越え。大館から盛岡まで3時間超えの路線。しかし、花輪線というのも、それっぽい人が多い路線(笑)。 赤坂田の駅で途中下車して、1月に訪問した彩冬さんへ。あの朝ごはんをもう一度食べたくて。そして、こ…

杣温泉(そまおんせん) (秋田・北秋田)

今、私が最も気に入っている温泉。私にとってのナンバーワン温泉、杣温泉(そまおんせん)。 岩手県は「日本のチベット」と言われておりますが、この岩手県と秋田県の間はまさに「日本の秘境」。この秘境に秋田県側からアクセスするのに便利なのが、「秋田内…

四季館 彩冬 (岩手・八幡平)

17年飼っていたわんこのごまちゃんが天国に旅立ち、すっかり気が抜けてしまった母が、大人の休日倶楽部の東日本乗り放題を使って温泉に行きたい、と。これは仕方ない、と探して見つけたのがここ。四季館。 私は車を運転しないので(免許も持っていない)、…

金田一温泉 (岩手・二戸)

今年のお正月は、岩手県の北のさきっぽ、金田一温泉で過ごしました。ここは座敷わらしの里。公共交通でのアクセスがよいわりには、いい感じに鄙びきっておりまして、ゆっくりできました。 宿泊はこちら。有名なのは緑風荘さんなんですが、仙養館さんにも座敷…

仙養館 (岩手・金田一温泉)

老後の準備を兼ねて、お正月は温泉旅館へ。リタイア後は、「なじみの旅館でお正月を迎える」ことをしたいなぁ、と思っています。という今もほぼ老後みたいなもんなんだけど(笑)。 せっかく縁があって岩手に住んでいるのだから、北東北の温泉地をもっと知り…

たつみ (山口・湯田温泉)

南部藩で楽しく暮らしている身としては、なんとも落ち着かない長州藩滞在(嘘)。スケジュールの関係でホテル松政さんでの夕食はかなわなかったのですが、それに匹敵するぐらい、すてきなお店にご招待いただきました。 ホテル松政さんのちょうど裏手にある「…

ユウベルホテル松政 (山口・湯田温泉)

旧南部藩で暮らすようになって早14年。「先の戦争といえば戊辰戦争」の土地柄で、すっかり南部藩の一員として生活をしておりますが。 なんと。このたび、とうとう長州にでかけることになったのです。をを、どうしよう、討たれてしまうかも(嘘)。 お話を…

ながまち梅の湯 (盛岡)

実は密かにサウナーであります。「ととのった」感覚はあまりないけれども、汗とともにストレスも流れ出すような感じが大好き。 hikakujoho.com サウナとの出会いはジム通い。神宮外苑のところにあるジムで運動してサウナにはいって、で、その楽しさを知った…

おおみや旅館(蔵王温泉)

久々の山形出張。いつも通り駅前にでも泊まろうかと思っていたのですが、ちょっと思いついて、蔵王温泉まで足を伸ばしてみました。 アラフィフ世代=蔵王といえばスキーの世代。夜行バスで行くところだったので、実際、山形のどのあたりなのか、よくわってい…

湯本温泉 かたくりの宿 一休館 (西和賀)

なんて魅力的なところなんだろう。岩手県の南の方、秋田県との境にある「西和賀」という土地。豪雪で知られていて、駅も「ほっとゆだ」という名前にして、駅舎に温泉も運営しちゃうような柔軟な町。 今回は、湯本温泉のお宿に泊まりました。かたくりの宿一休…

神田アクアハウス「江戸遊」 (お茶の水)

#閉店されたそうです。残念すぎ(2018.10)# 夜行バスで到着した後に、東京駅近辺にちょっと一息つけるところはないだろうか。そう思ってぽちぽち調べていたところ、お茶の水に銭湯発見。水道橋にラクーアがあることは知っていて、でも、ラクーアの入場料は…

西和賀 湯田温泉峡と雪

この週末は、西和賀の西和賀高校で大学生と高校生で企画した「雪上運動会」の練習(運動会用競技開発)参加してきました。実ははじめての西和賀。県内でもまだまだ行ったことないところ、多いんだなぁ。ちなみに、「かんじき」の履き方を覚えましたよ。 西和…