Rie’s diary

おいしいものと旅行が大好きです。

muramatsuri (岩手・盛岡)

 入学直後から付き合いがあった学生さんたちが卒業、ということで、お祝いの会。ちょっと奮発しました(笑)。

 

 女子学生さんたちなので、女子好みの、そして、お肉ががっつり食べられるお店、ということで、先日開拓したmuramatsuriさんにお願いしました。

 

riechan.hatenablog.com

 人数と予算とお肉をがっつり食べたいことを伝えて、あとはおまかせ。

 

 乾杯は泡(スパークリングワイン)で。4人だったので、赤のボトルを1本取りました。

 

 はじまりの盛り合わせ。見た目も華やかでおいしそう!いただきまーす。

f:id:rie_emoto:20190314120512j:plain

 

 タルトフランペ。フランス風のぱりぱりのピザ。生地が本当に薄くてぱりぱりしていておもしろい。

f:id:rie_emoto:20190314120517j:plain

 

 牡蠣のエスカルゴブルゴーニュ風。フランスだと、ここにエスカルゴが入っておりますが、かわりに牡蠣。考えただけでおいしそう。だし、やっぱりおいしい。

f:id:rie_emoto:20190314120521j:plain

 

 鴨のフィレ肉。やわらかい。

f:id:rie_emoto:20190314120527j:plain

 

 牛のフィレ肉。女の子たちだったので、サーロインではなくフィレで。はやりの肉バルよりも大きくカットされてでてくるので、食べ応え抜群!

f:id:rie_emoto:20190314120513j:plain

 

 食べた食べた。おなかいっぱい。

 

 4人で、この料理に乾杯用の泡(スパークリングワイン)に赤ワイン1本で25000円ぐらい。ちょっと背伸び。ワインもちゃんとしたものをいただくのだから、このぐらいにはなってしまうよね。

 

 ということで、今のところはご褒美レストラン。でも、帰り際に、お一人でふらっと立ち寄られた方もいらして。実は、ワインとキッシュなどの一品料理を楽しむ使い方もしてみたいのです。白ワインと牡蠣のエスカルゴとかね。

 

 またきます。よろしくお願いしまーす。

 

muramatsuri.net

そば処東家(あずまや) 盛岡駅前店 (盛岡)

 盛岡の三大麺。冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。このわんこそばで有名なのが「東家(あずまや)」さんです。ですが、さすがにわんこそばは無理。だとしても、さすが老舗のそば処。実はめずらしいそば料理をいただくことができます。

 

 東家さんは市内に3店舗を営んでおり、観光客に便利なのが駅前。駅前なので、ビルの中なんですが、内装はそれなりに老舗感。なぜかテーブルの幅が細いのですが、ここでわんこそばを食べることができます。

 

f:id:rie_emoto:20190310172301j:plain

 

 とはいえ、「わんこそばはスポーツである」と言われるとおり、あれはやはり相当に体調等を整えて挑戦するものであり、気軽にできるものではありません。

 

 なので、ひそかなオススメは、南部そば定食、南部そば振舞い、南部そば会席などのそば料理コース。事前予約が必要です。

 

 今日は(メンバーの平均年齢が高めだったこともあり)南部そば振舞いの2700円のコース。

 そばかっけ(クリームチーズ添え)にそば菜サーモン巻き+そばの実とろろ。

f:id:rie_emoto:20190310172309j:plain

 

 そばクレープ。

f:id:rie_emoto:20190310172352j:plain

 

 そばけもち+なめこおろし。

f:id:rie_emoto:20190310172257j:plain

 

 そばかっけ+じゅねみそ+菊花添え。

f:id:rie_emoto:20190310172350j:plain

 

 そば三色巻き。

f:id:rie_emoto:20190310172353j:plain

 

 季節の天ぷら。

f:id:rie_emoto:20190310172300j:plain

 

 せいろそば。

f:id:rie_emoto:20190310172348j:plain

 

 最後にフルーツが付きます。

 

 ちょっとだけ失敗したな、と思ったのが、温かい食べ物がそばけもちと天ぷらだけだったこと。この日は寒い日だったので、このメニューは夏場の方がいいかな。

 

 けれども、こうやって見てみると、なかなか他の地域では食べられない料理が多いので、県外からのお客さんにはよろこんでもらえそうな気がします。運がよいと、わんこそばに挑戦している方々を観戦できますしね。若い人だと、どーんとお刺身、どーんとお肉、がいいのだろうけれども、メンバーの年齢構成によっては、こちらもやっぱりいいなぁ、と。

 飲み物も、ベアレンビールに地元の日本酒、オリジナル日本酒など、お客さんによろこんでもらえそうなラインナップ。

 

 駅前で便利なところにあります。冷麺やじゃじゃ麺に人気があるようだけど、おそばも忘れないでね(笑)。

 

f:id:rie_emoto:20190310172254j:plain



そば処東家

www.wankosoba-azumaya.co.jp

THE BURGER HEARTS (岩手・大船渡)

 岩手県大船渡市。盛駅三陸鉄道南リアス線の終点駅であり、JR東日本のBRTの始発駅でもあります。東京からのアクセスは...、うーん。新幹線で仙台まできて、そこから電車とBRTとに乗って..何時かかかる??そう、本当に「こんなところ」。

 

 その盛駅からちょっとだけ歩いて角を曲がると。まさに「こんなところに」。

 そう。こんなところにハンバーガー屋さんがっ!!!

 

f:id:rie_emoto:20190216151722j:plain

 

 二重扉の中に入ると、店内は以外に広くて、アメリカンポップな感じ満載。

 

f:id:rie_emoto:20190216151727j:plain

 

 いや、大変です。ハンバーガーの種類が「はんぱない」。

 お肉は名前にBHが入っているのが門崎丑熟成肉100%のパテ。その他は、牛とありすポークの合い挽き。とりは南部とり。お肉は基本的に地産地消。その他、お豆腐とかホタテのバーガーもあります。季節限定メニューも。

 

f:id:rie_emoto:20190216151729j:plain

 

 バーガーの解説はイラストでも。

 

f:id:rie_emoto:20190216151742j:plain

 

 何を頼むのか決めるのに30分。ぐらいかかります。

 さて、注文してしばし待つと。予想より早く、そして、7品も頼んだのに同時に出てきました。わーい。

 あまりにもかわいらしいので、まずは記念撮影(笑)。真ん中のメニューはBHポテト(910円)です。

 

f:id:rie_emoto:20190216151737j:plain

 

 やはり人気があるのはシンプルなBHバーガーのダブルやチーズ入りとのことでしたが。つい。

 

f:id:rie_emoto:20190216152641j:plain

 

 BHブルーチーズミートソースバーガー(950円)なんぞを。

 中身の解説は以下↓。

 

f:id:rie_emoto:20190216151740j:plain

 

 かぶりつくのが大変でしたが、おいしいこと。次はチーズバーガー、次はアボガドバーガー、夢は広がります。お値段も高めでしたが、いろんな食材が入っていて、食べ応えばっちし。

 

 しかし、すごいなぁ。大変失礼ながら、本当に「こんなところに」本格アメリカンバーガーのお店。おいしいしボリュームもあるけれども、決して安いわけでもないし。でも、常連さんっぽいお客さんが絶えない。確かに他に競合するところはないだろうけれども。

 これだけのために、ドライブがてらに食べに来る人たちもいるでしょうね。そういうコンテンツを持てば。どこでも勝負できるのかもしれない。応援してます。

 

 

 

THE BURGER HEARTS (ザ バーガーハーツ)

岩手県大船渡市盛町字町9-5

盛駅から徒歩3分ぐらいです。

mass ~ 酒を呼ぶ食卓 (盛岡)

 盛岡の日曜日はお休みのお店が多くてどこにしようか困る。ところで発見したのが、桜山のmassさん。日曜日営業。という、あまり積極的な理由ではない理由で選んでしまいましたが、実は、酒飲みにはとってもありがたいお店です。

 

 今回は、東京からのお客さんを伴いmassさんへ。

 事前に2000円/一人で料理のお願いをしていましたが、一人、インフルエンザになってしまい、突然のキャンセル。申し訳ないので三人前でとお願いしたところ、3000円/一人のコースに組み替えて対応してくれました。ありがとうございます。

 

 乾杯は季節のベアレン。写真がない(笑)。

 

 前菜3品。うちの学生のアルバイトさんに説明してもらったのだけど、覚えていない。真ん中のお芋がほくほくで甘くておいしいこと。スープも胃にしみこむおいしさだし、お豆腐には酒粕ソースがかかっている。

f:id:rie_emoto:20190131125928j:plain

 

 お造り。写ってないけど、どんこの肝和えも入ってます。お酒は浜千鳥。釜石のお酒なので、海のものとの相性が抜群。このお店のよいところは、日本酒を半合から注文できること。日本酒は美味しいけれどもやっぱり危ないからねぇ。

f:id:rie_emoto:20190131125930j:plain

 

 なんと、ここから料理の写真を撮ってない!すでに酔っ払いになってしまったと思われ。たぶん、野菜の蒸したもの、鱈白子の蒸したもの、牛すじの土手煮、鯵フライ、だと思います、たぶん。

 

 南部美人、だと思う...(汗)。熱燗にしたような、うーむ。熱燗の時は、温める間、冷酒を味見させてくれるというサービスの良さ。飲んべえ万歳!

 

f:id:rie_emoto:20190131125920j:plain

 

 同じく南部美人の濁り酒。これは熱燗にしてもらって、漆器の器でいただきました。うちの学生のアルバイトさんのオススメです。

 

f:id:rie_emoto:20190131125914j:plain

 

 最後の日本酒は、南部美人芳梅の斗瓶取り。ラベルがおしゃれでしょう(笑)。流通させるお酒ではないので。これはそのまま冷酒でいきました。

 

f:id:rie_emoto:20190131125916j:plain

 

 〆は塩にぎりとあら汁。最後までおいしかったです。おなかいっぱい。

 

f:id:rie_emoto:20190131125918j:plain

 

 ビールに日本酒をたっぷりいただいて5000円/一人。日本酒半合がなかなか良し。

 

 実は、1週間前に下見に。

 

f:id:rie_emoto:20190131125921j:plain

 

 1500円の「軽めの晩酌セット」があったので、そちらを頼んでみました。

 現在気に入っているのがシードル。流通を目的としていないお酒です。ラベルが手作りっぽい。

f:id:rie_emoto:20190131125927j:plain

 

 前菜3品とお造り。

 

f:id:rie_emoto:20190131125925j:plain

 

 お野菜を蒸したもの。オリーブオイルと塩で味付けされていて、おいしい。体にも良さそう。

 

f:id:rie_emoto:20190131125923j:plain

 

 どて煮込み。

 

f:id:rie_emoto:20190131125922j:plain

 

 最近、あまり量が食べられなくなっており、ちびちびとお酒飲みながら食べておなかいっぱい。私にはこの「軽めの晩酌」いいかも。

 

  ランチも営業していて、昼酒OKのまさに飲んべえのためのお店です。半合から頼める日本酒も良し。お肴も良し。ごはんも良し。いいお店です。

 

www.mass-entame.jp

四季館 彩冬 (岩手・八幡平)

 17年飼っていたわんこのごまちゃんが天国に旅立ち、すっかり気が抜けてしまった母が、大人の休日倶楽部の東日本乗り放題を使って温泉に行きたい、と。これは仕方ない、と探して見つけたのがここ。四季館。

 

 私は車を運転しないので(免許も持っていない)、公共交通でアクセスできることが条件。また、出発の日はセンター試験の業務があったため、15時までは拘束。それ以降の出発でも到着できて、できれば雪見露天風呂ができるところ、がいいな、と思っておりました。

 

 ここはJR花輪線の「赤坂田」から歩いてちょっと。連絡しておくと送迎してくれて、車で3分ぐらい。盛岡から赤坂田まではいわて銀河鉄道とJR花輪線で1時間ちょっと。八幡平というぐらいなのだから、雪はあるだろう。検索でよくでてくるけれども、高くて遠慮していたけれども、をを、なんと、平日だとリーズナブルプランがあるっ!

 

 さすが八幡平、雪が降ってる。寒いぞ。

 ということで到着。をを、とてもきれい。暖かいし。

 

 リーズナブルプランなので、トイレ、洗面台付きの二人だとぎりぎりぐらいの和室にすでに布団が敷いてあります。母と一緒なので、何かと制約がつくのですが、「とにかく早く温泉へ」「ゆっくりしたい」「夕食食べたらすぐに寝ちゃうから」「夜はぐだぐだ起きてるの」などなど騒ぎながら、温泉へ。

 

 「だんぶりの湯」は、八幡平のどこかの温泉から持ってきているらしくて、今はやりの「源泉かけながし」ではないけれども、よく練られた配置の浴室は大変使いやすい。いわゆる洗い場も分散配置で、温泉の中で他人のシャワーのお湯をかぶってしまうこともないだろう。これは古い昭和の温泉旅館にはないところ。

 

 そして。厳寒の露天風呂。露天風呂までの道がぶるぶるだけれども、ぬるめに設定されている「寝湯」があるため、これはやばい。出られない。

 

 が、夕食があるので、とりあえず今回は強い意志をもってあがって、食堂へ。

 

 食事にはすごく力をいれているみたいで、平日リーズナブルプランでこのメニュー。

 乾杯はベアレンの季節のビール、アップルラガーで。好物なのでうれしい。

 

 先 付:白木耳 糸雲丹

 酢 物:氷頭

 前 菜:蛸わさび・蟹松前和え 蒸し鶏白和え 彩り豆ゼリー 南瓜ゼリー寄せ

 造 り:鮪 鰤 甘海老 妻一式

f:id:rie_emoto:20190122200650j:plain

 

 選べるメイン:杜仲茶ポークのすき焼き

f:id:rie_emoto:20190122200648j:plain

 

 日本酒:オリジナルのだんぶり長者の泉。地元の蔵元菊の司さんの大吟醸酒大吟醸は安定のおいしさ。

f:id:rie_emoto:20190122200631j:plain

 

 煮 物:蕪 メヌケ 焼葱 糸唐辛子 器がおしゃれ。

f:id:rie_emoto:20190122200633j:plain

 

 揚 物:海老 小鯛 しし唐

f:id:rie_emoto:20190122200636j:plain

 

 〆にごはん、香の物、お吸い物。

 デザートはヨーグルト。

f:id:rie_emoto:20190122200637j:plain

 

 普通のプランだと、選べるメインが4種類で、前沢牛やらアワビやららしいです。を~っ!しかし。私には、これで十分すぎるぐらい十分です。大変満足いたしました。

 

 露天風呂付きのお部屋にキッチン付きでシェフがライブキッチンで夕食を出してくれるプランなど、「高級志向」。お金を出せる人は良い物にはお金を出すので、そちらに方向転換したんだな。かしこいかも。

 

 館内に足湯。母が足が冷えたというので、足湯でまったり。

 

f:id:rie_emoto:20190122200640j:plain

 

 こういう感じがなんとも落ち着く。

 

f:id:rie_emoto:20190122200753j:plain

 

 私は母を置いて早々に就寝。ここんとこ、5時起きが3日続き、それに備えて、1週間前から「早寝早起き」の練習をしていたからね。さくっと寝て。

 

 あさ5時に起床。ふふ、これからがお楽しみの時間。

 

 って、露天風呂にでかけたら。吹雪じゃん。

 

f:id:rie_emoto:20190122200629j:plain

 

 このぬるめの寝湯に寝転がって、空が白むまでを楽しむのが、田舎の露天風呂の楽しみ方。暑くなったら雪をかぶればいいし。6時すぎて空が白くなってくるまで、のんびりと時間の流れを楽しむ。

 

 そして、朝食。

 写真はありませんが、ここの朝食は、このためだけにでかける価値があります。1時間半ほどかけて、二人で4人前以上を平らげ、お皿が積み上がる。本当においしいです。種類も多いので、「少しずつ」取ってもたくさんになります。特に、お野菜を蒸したもの。豆乳のソースがおいしくて、ごめんなさい、かなり食べちゃいました。とにかくおいしいです。2時間かけて食べ続けることができます。はい。

 

 ということで、満喫。平日リーズナブルプランだと、12000円ぐらい。大満足です。公共交通でのアクセスがよいので、温泉と朝ごはんだけでも楽しみに、また遊びにきたいと思います。いつか、リーズナブルプランではなく、露天風呂付き客室に泊まれますように(祈)。

 

 スタッフも若い方々で。対応もよくて心地よい滞在でした。

 

 おそらく、この「赤坂田」のあたりは、昔は、安比高原へのスキー客向け民宿等があったのだと思われますが、温泉がないこともあって、現在は今一つ客足が。というところだったのだろうと思います。だけど、密かに電車でのアクセスがよいので、私も目をつけていたエリアで、うちの母のように大人の休日倶楽部で都会からやってくる大人をターゲットにした温泉にも入れるお宿、というのは、これはなかなかの戦略だと思います。彼らは良い物にはお金をつかいますからね。これからが楽しみです。

 

 また遊びにきますね。

 

 

saito-appi.jp

知恩院 晨朝法要&写経 (京都)

 知恩院の宿坊、和順会館にお泊まりすると、晨朝法要(じんぢょうほうよう)に参加することができます。つまり「朝のお勤め」ですね。せっかく和順会館に泊まったので、参加してみることにしました。和順会館の宿泊者は自由に参加することができます。

 

 冬期なので、おそらく時間帯は遅めなのだろうと思いますが、スケジュールは以下の通り。

 6:10 館内放送

 6:30 ロビー集合

 6:50 おつとめ開始

 8:10 おつとめ終了

 本来、「御影堂」で行うらしいのですが、修理中だとのことで、集会堂と阿弥陀堂の2カ所にて厳修です。

 

 朝、まだ真っ暗の中を出発。最初に阿弥陀堂にてお勤め。膝がしんどい方のために、イスも正座用いすも用意されているので、大丈夫です。

 

 出発したときは真っ暗でしたが、阿弥陀堂を出た頃には空が少しずつ明るくなってきました。

 

f:id:rie_emoto:20190122200730j:plain

 

 次に集会堂へ移動。

f:id:rie_emoto:20190124121628j:plain

 

 法要の途中でお焼香させていただき、イス席へ。どちらにしろイスがあるので、膝が悪い人でも大丈夫。しかし、冬は寒いので暖かい格好で。

 

 法要後はご法話をいただく。「出会う」いいですね。しかし、若いお坊さんだったけど、ご両親は「普通に育てた」んだな、というところがいいな、と思いました。大学までは本当に普通に育ててもらっていて。私たちと感覚を共にできるお坊さんが次世代のお坊さんだと思う。

 

 いいお時間をいただきました。ありがとうございます。

 

 帰りには完全に日が昇っていて。なんと、梅の花がっ!

 

f:id:rie_emoto:20190124121622j:plain


 

 で。8:30ぐらいに帰館。大急ぎで朝ご飯を食べます。今度は精進料理。

 なぜ急いでいたかというと。写経の予約をしていたから。

 

 現在、御影堂が修理中のため、勢至堂山亭が特別公開されています。この山亭でのお写経です。が、かなり登ります。もともと知恩院は石段をかなり登るお寺なのですが、さらに登ります。

 

 息切れ状態で到達。 

f:id:rie_emoto:20190122200747j:plain

 

 山亭は、霊元天皇の皇女吉子内親王のお住まいになられていた宮殿を移されたものです。なんとも風雅な雰囲気。で。お写経。大変丁寧に説明してくださるので誰でも大丈夫です。

 

 おどろき。写経というのは、お手本の上に半紙をのせて、「なぞる」んだそうだ。なるほどー。

 

f:id:rie_emoto:20190122200748j:plain

 

 30分から1時間ぐらい、と言われたけれども、1時間30分は軽くかかりました。それ以上に足の危機が。膝の悪い方はイス席があるので、そちらをお願いした方がよいと思います。応急措置的に、足の間にペットボトルをはさんで体重を分散。かなり楽になったので、あたまいいかも。

 

 日常、筆を使わない人間には大変な作業でした。筆どころか、鉛筆で文字を書くことも減っているし。しかーし。いいですね、これ。私はどうしても「自分が!」の意識が強くでてしまうことがあって、それはそれで良いこともあるのだろうけれども、今よりもう一歩進みたければ、「自分を抑える」ことを学ばなければならない。

 

f:id:rie_emoto:20190122200750j:plain

 

 2時間近くかけて完了。このあと、この写経はお堂に納めます。なので、「写真を撮っておいてね」と薦められました(笑)。時間があれば、納経前にお坊さんからありがたいお話をいただくことができます。この日は他にお客さんがいなかったこともあって、大変親切にしていただきました。

 

 終わったところで、お庭を眺めながらお抹茶とお菓子を。

 がんばって階段を上っただけあって、京都の街並みが目の前に広がります。素敵。寒かったけど。

 

f:id:rie_emoto:20190122200752j:plain

 

  をを、これはおもしろい。

 この山亭での写経は期間限定なんだそうです。おそらく御影堂の修理が終わると終わってしまうのだろう、とてもゆっくりした素敵な時間を過ごすことができますので、正座イス持参で、ぜひ、でかけてみてください。こんなにゆっくり他のことを考えずに集中できる時間を持てるのは、それこそ貴重です。

 

 秋の紅葉のライトアップの時にもきたことがあって、木魚を叩かせてもらったりしたのだけど、この親しみやすさは、ありがたいです。また遊びにきます。よろしくね。

 

www.chion-in.or.jp

 

 

 

 

 

 

知恩院 和順会館 (京都)

 京都の会議に出席するために、1泊する必要がでてきました。会議出席者はその日に帰ってしまうだろうし、センター試験前日に「ごはん食べよー」と声をかけるのも気が引ける。

 

 と思って、ちろちろと宿泊先を探していたら。「知恩院和順会館」を発見。JALダイナミックパッケージにも含まれています。「知恩院」といえば、あの、法然上人のお寺。祇園のすぐ横にあって、紅葉の時期にはライトアップされていて...。あの知恩院

 そう、あの知恩院。いわゆる「宿坊」と言われるお寺付属の宿泊施設。それが和順会館。2食付きのプランもあるし、「朝のお勤め」に参加することも出来るんだそうで、で、大きなお風呂もある。よし、ここにきめたっ!

 

 ということで、知恩院の宿坊である和順会館にお邪魔しました。

 

f:id:rie_emoto:20190122200651j:plain

 

 到着が予定より遅くなり、知恩院はすでに夕闇の中。

 

f:id:rie_emoto:20190122200657j:plain

 

 しかーし。ここから後ろを振り返ると。暖かそうな光が。え、めっちゃきれいじゃん。

f:id:rie_emoto:20190122200654j:plain

 

 とてもきれいで素敵なホテルなんですけど。

 受付のおにいさんが長身のイケメンのお坊さんで、さっそく煩悩にまみれる。お風呂も広くてきれい。15:00~23:00。館内は、浴衣とスリッパでうろうろできます。浴衣は無理なので、トレパンでうろうろ。

 門限は23時。近くに祇園がありますが、せっかくなので早めに寝ましょうね。

 

 2食付きのプランにしたので、夕食は地下1階の食事処へ。宿泊していなくても使えるみたいです。

 

f:id:rie_emoto:20190122200701j:plain

 

 精進料理だと思っていたんだけど、どうも違っていたみたいで。

 

 前菜。いのしし見立寿司、海鼠みぞれ和え、車海老射込み、胡麻豆腐、大王松に葡萄豆、他3品。

f:id:rie_emoto:20190122200704j:plain

 

 お椀。清汁仕立て。

f:id:rie_emoto:20190122200707j:plain

 

 向附。松皮鯛、甘海老、縞鯵、芽もの。

f:id:rie_emoto:20190122200705j:plain

 

温物。牛せいろ蒸し。

f:id:rie_emoto:20190122200714j:plain

 

 ふたをあけるとこんな感じ。

f:id:rie_emoto:20190122200716j:plain

 

 焼肴。寒鰆、柚庵、扇焼、はじかみ、生麩、紅白道明寺、砧巻。

f:id:rie_emoto:20190122200722j:plain

 

 強肴。季節の揚げ物。これ、おいしかったな。

f:id:rie_emoto:20190122200723j:plain

 

 お酒も。

 

f:id:rie_emoto:20190122200719j:plain

 

 知らずに頼んだ「聚楽第」。洛中唯一の酒蔵のお酒で、俳優の佐々木蔵之介さんのご実家なんだそうだ。しらんかった。が、知らずにこれを選らんだ自分のセンスを褒めてあげよう(笑)。

 

 「口当たりがよくて飲みやすいですよ」とオススメいただいたのですが、本当でした。1合で気持ちよくよっぱらい。

 

 お食事。ちりめん山椒ごはん、香の物2種。留椀。赤出汁。

f:id:rie_emoto:20190122200726j:plain

 

 最後にデザート。

 小菓子。京ブラマンジェ、イチゴのソース、ミント。

f:id:rie_emoto:20190122200728j:plain

 

 美味しゅうございました。ごちそうさま。

 精進料理のつもりでいたので、完璧ですねっ!

 

 ちなみに、朝のお勤め後の朝食は精進料理。食べ過ぎの胃にはやさしい。

 

f:id:rie_emoto:20190122200732j:plain

 

 しかし、これは楽しい。ホテル代の高騰する京都で、このクオリティでこのお値段。いや、さすがに2食付きは安くないけど、でも、場所も一等地だし。しばらく宿坊巡りを楽しもうかと算段中。

 

 朝のお勤めや写経については、この次で。

 

 

www.wajun-kaikan.jp